はたらきかたとキャリアアップ

はたらきかたとキャリアアップ

ジャパンパトロール警備保障株式会社で警備員として働いてみたい方へ、実際の1日のお仕事の流れをご紹介。
また、気になる給与や年収、社会保険などの待遇や寮などの福利厚生についてQ&A形式で詳しくご案内しています。
アルバイトから正社員、幹部スタッフへのキャリアアップの道についても解説していますので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

お仕事検索はこちら
workstyle

JSPスタッフの1日

ジャパンパトロール警備保障株式会社の
警備員のお仕事には、
「交通誘導警備員」「雑踏(イベント)警備員」「施設警備員」の3種類があります。
それぞれにどのような働き方ができるのか、一例をご紹介します。

  • 交通誘導警備
  • 施設警備
  • 雑踏(イベント)警備

交通誘導警備員の一日

  • 7:45

    今日の現場に到着

    schedule1

    2週間ごとに申請OKなシフトで、あらかじめ指定されている現場に直行。
    交通費は全額支給で月2回貰えるから、金欠で電車賃が…(汗)なんて心配もナシ♪
    会社に到着連絡をしたら、JSPのちょっぴり格好イイ制服に着替えて、準備は万端◎

  • 8:00

    勤務開始

    今日は、大手ゼネコンの建設工事現場。持ち場の確認をしたら、決められた場所に立って交通誘導を行います。
    旗や誘導灯を使って車両に止まって貰うように指示を出したり、歩行者の方に声を掛けたり。
    実技研修で教えてもらった姿勢や動きを再現すれば、カッコよく決まるし最小限の動きで楽ちんなんですよ。

    schedule1
  • 13:00

    お昼休憩

    schedule1

    他の警備員と交代で昼食をとります。
    色んな場所に行くから、ランチの選択肢も色々◎
    最近はテイクアウトをやってるお店も増えたし、コンビニ飯ばかり…ということもありません。

  • 15:00

    午後の業務

    ふたたび交通誘導。人通りが増えてきたから、より注意深く誘導しないと。
    先輩とアイコンタクトや合図をし合って、スムーズに誘導ができるように心掛けます。
    朝早起きなの、はじめはちょっぴり辛かったけど、その分早い時間に終わるから、アフター5が長くて充実◎

    schedule1

17:00
勤務終了

施設警備員の一日

  • 8:45

    いつもの施設に到着

    schedule1

    基本的に施設警備は固定の現場に通うことがほとんどです。
    先月から入ったのは、建ったばかりのキレイなマンション。
    室内がメインだから暑さも寒さも気にしなくて済むのが、施設警備の嬉しいポイントですよ◎

  • 9:00

    勤務開始

    夜勤に入っていた警備担当から、何か変わったことや注意すべきことが無いか引継ぎをしたら、勤務スタート。
    入口の防犯カメラを監視して不審者が出入りしていないかチェックしたり、周辺を巡回してゴミや放置物が無いか見回り。
    住民の方から「いつもご苦労様(o^―^o)」って言われると、じんわり嬉しいんです。

    schedule1
  • 14:00

    お昼休憩

    schedule1

    他の警備員と交代で昼食をとります。
    同じ現場に通うので、近隣の美味しいお店や穴場なんかにも詳しくなっちゃいます笑。
    休憩は1時間×2回あるから、長丁場のリフレッシュをしっかり取ります。

  • 22:00

    仮眠

    4時間の仮眠時間があるから、仮眠室で横になって体を休めます。
    翌朝までの勤務なので、ちゃんと寝て頭をスッキリさせてから、再び巡回や監視に入ります。
    ここまで来たら、残りはあと少し!

    schedule1

08:59
勤務終了

雑踏(イベント)警備員の一日

  • 7:20

    集合場所に到着

    schedule1

    イベント警備は駅から離れた場所が現場なことも多いから、そういう時は場所を決めて集合し、車に乗り合って向かいます。
    今日のイベントは超メジャーなサッカーの国際大会だから、「有名選手に会えたりして…」ちょっぴり期待(笑)♪

  • 8:00

    現地到着・勤務開始

    大規模イベントだから、警備員の人数も沢山。
    それぞれの持ち場や担当することを確認して、無線機や装備を確認します。
    「こちら〇〇です、どうぞ…」無線機で通話していると、何だかSPっぽい。今日も頑張ろうっと!

    schedule1
  • 12:00

    お昼休憩

    schedule1

    他の警備員と交代で昼食をとります。
    午後の試合は人気チーム同士の対戦。
    以前、先輩スタッフが有名選手を知らなくて入場を拒否しちゃった…
    なんて笑い話で盛り上がりつつ、午後に備えます。

  • 14:00

    午後の業務

    イベント警備では、来場者の誘導をはじめ、落とし物の確認や迷子の対応、緊急車両の動線確保なども行います。
    初めて迷子を見つけて焦ったけど、無事お父さんに会えてよかった◎
    「ホントにありがとうございます!」仕事だから当たり前なんだけど、やっぱりこう言われると嬉しい♪

    schedule1

17:00
勤務終了

howto

警備員になるには?

  • icon01

    お仕事を探してみる

    JSPは、東京23区・横浜を中心に、東京都・神奈川県に多数のお仕事をご用意しています。
    どんなお仕事があるのか? まずは以下のお仕事検索サイトから調べてみて下さい。

    例)例えばこんなお仕事&働き方アリ◎
    ・東京23区内…週2日・夜勤/日給13,000円×8日=月収104,000円
    ・神奈川県内…フルタイム/日給10,500円×22日+休日出勤4日+残業手当8h分=月収294,000円
    ・東京都内…週4日・日勤/日給9,800円×16日=月収156,800円

  • icon02

    応募してみる(1分で完了♪)

    気になるお仕事が見つかったら、ぜひ応募を。
    ・氏名
    ・ふりがな
    ・性別
    ・生年月日
    ・電話番号
    ・メールアドレス
    を入力してポチっと送信するだけだから、サクサクっと1分で完了します!

    心配なこと、質問したいこと、相談してみたいことがある方は、遠慮せずお電話を。
    「応募した時の電話でめちゃめちゃ親切に教えてもらったから、JSPにしたんです」
    そんな先輩もいるくらい、親切対応には自信ありですw

    電話番号:0120-327-126

  • icon03

    面接

    ご応募いただいたら、面接日時のご連絡を差し上げます。
    当日は、普段着でOK。履歴書(写真貼付)だけ持参してくださいね。
    …で、ぶっちゃけます。
    面接で必要なのは「キチンと名前が名乗れること」「挨拶がしっかりできること」。
    それだけ?!と驚くかもしれませんが、ホントにそれぐらいで大丈夫◎
    警備員のお仕事に興味があって、働いてみたいっていうヤル気があれば、基本的にどなたでも歓迎しています!

  • icon04

    研修

    採用後は、3日間研修を受けて頂きます。

    「馬や牛は軽車両」「手押しの一輪車のことを、工事現場では猫(猫車)と呼ぶ」など、
    へぇ~!と感心してちょっぴり面白い内容も盛り込まれているから、退屈せずに受けられるはずですよ。

    <新任研修>
    ・1日目…入社手続き(雇用契約、健康診断等)/基本教育・講義編
     (警備業法や道路交通法など、警備員として必要な内容のレクチャーです)

    ・2日目…基本教育・基本動作編
     (警備の基本である「気を付け・休め・敬礼」の正しいやり方から教えます。スマートにできたらかなり格好イイんです♪)

    ・3日目…基本教育・業務別教育編
     (制服を試着したり、装備品(手旗や誘導灯)を貸与されて、合図の出し方や持ち方をお教えします。
     その後、実際の現場で、交通誘導業務の中でも非常に多い歩行者誘導や車両の片側交互通行を実践してみます)

faq

よくある質問

警備の仕事は未経験なのですが、応募できますか?

もちろん、応募可能です。…というより、応募大歓迎!!!です笑。
研修も充実していますし、熱心に指導してくれる先輩もたくさんいますから、未経験者も全く心配いりません。
実際に入社される方の90%が未経験者なんですよ。

勤務地は選べますか?

申し訳ありません…勤務地は皆さんの能力を加味して、いちばん適した現場を選定しています。
ただ、どうしてもという希望やお悩みがあるようであれば、配置転換も検討します。遠慮なく相談して下さい!

警備員にはどんな人が向いていますか?

ひとことで言えば、「真面目にコツコツやれる」人。
メモをとって、見直して、失敗しても繰り返さない。そんな“コツコツ頑張る派”が警備員向きなタイプです。

何歳まで警備員として働けますか?

警備員は、法律で「18歳以上」という年齢制限があります。
現場にもよりますが、70歳を超えても現役バリバリで警備員をされている方もいらっしゃいますよ。
(こういってはなんですが…20代の方々よりとても元気でアクティブだったりしますw)

給与・年収例はどのような感じですか?

<給与例>
・週2日・夜勤…日給13,000円×8日=月収104,000円
・フルタイム…日給10,800円×22日+休日出勤4日+残業手当8h=月収308,488円
・週4日・日勤…日給9,800円×16日=月収156,800円
<年収例>
・35歳、元会社員Kさん(女性)の場合
 入社1年で、月収31万5,000円(月給23万円+残業手当)
 年収換算すると⇒月収31万5,000円×12ヶ月+手当等=年収400万円以上も可能!

待遇や福利厚生はどんなものがありますか?

JSPの待遇、あるお仕事の例を挙げてみると…? ・交通費全額支給
・週払いOK
・特別現場手当
・新任研修
・制服貸与
・資格取得支援有
・社会保険完備
・安全靴無料支給
・雨がっぱ無料支給
・各所に寮完備(1ヶ月寮費無料)
・正社員登用制度アリ
…こんなに充実しています◎ 警備業にはめずらしい「月給制」のお仕事があるのもポイントの1つ。
固定給だから、勤務日数に関わらず一定のお給料が貰えます。

色んな手当や資格取得支援制度があるってホントですか?

はい◎ 資格取得費用は、全額会社負担!
ヤル気があれば、入社3ヶ月~各種資格を受けて頂くことができますよ。
<警備業関係資格>
交通誘導警備業務、雑踏警備業務、施設警備業務(資格、配置現場による)
指導教育責任者 1号、2号…3,000円/月 ※現場によっては1勤務につき500円支給も!
<消防関係資格>
防災センター要員…3,000円/月
自衛消防…5,000円/月
上級救命、救命普及員…1,000円/月
防火管理技能者…5,000円/月
防火・防災管理教育担当者…3,000円/月
(資格手当上限 30,000円/月)

男女比や年齢構成は?

構成比は以下のようになってます。女性やシニアも活躍中で、安定の社員雇用が多いのもJSPの特徴です。
・男性350人:女性50人
・10代2人:20代20人:30代38人:40代70人:50代~270人
・大学生・短大・専門学校15人:主婦・主夫5人:フリーター・アルバイト40人:社員(契約・派遣含む)340人

寮が気になります。どんなお部屋ですか?

JSPで借りている寮は、隊員さんが毎日の疲れをいやせるような間取りや環境を考慮しています。
「東京に出てみたい」という志望動機も歓迎ですよ♪
・場所…東京は北区赤羽、神奈川は横浜市中区日ノ出町にあります。他にも都内に5箇所、神奈川県内に7箇所あります。
・アクセス…赤羽寮:JR赤羽駅~徒歩10分/日ノ出町寮:京急本線日ノ出町駅~徒歩1分です。
・周辺環境…赤羽寮近辺では、赤羽駅周辺にイトーヨーカドーや多数の飲食店があります。
 また、寮までの通勤経路にスズラン通り商店街という大きなアーケードが。最寄りのコンビニ(セブンイレブン)は徒歩1分と超近♪
 日ノ出町寮近辺には、駅の近くにスーパーの東急ストア(2Fに100円ショップ)があり、周辺には飲食店が多数あります。
・間取り…<一例>ワンルームマンション(6帖弱、キッチン、UB、フローリング、エアコン、オートロック、共用コインランドリー)
・家賃…入寮初月はなんと【無料】!!
 2か月目以降は、月額30,000円~45,000円(敷金、礼金なし)です。光熱費は別途給与から清算となります。
・入寮者…例)青森県50代男性/宮城県30代男性/長野県40代男性/千葉県60代男性/埼玉県40代男性/東京都50代男性/
 東京都50代女性/静岡県50代男性/広島県30代男性/福岡県40代男性/長崎県50代女性/長崎県30代男性/鹿児島県20代男性

careerpath

キャリアアップへの道

警備員は底辺職?
…それ、もう古いんです。
未経験バイトから
正社員⇒幹部候補にステップアップで、
年収も安定もGETできます!

ジャパンパトロール警備保障の警備員たちの属性を見てみると、
学生・主婦(夫)・フリーター60人に対し、社員(契約・派遣含む)は340人。
その比率、約1:6!!圧倒的に社員待遇のメンバーが多いんです。

その秘密は、お仕事が安定して沢山あるから。
警備業ではめずらしい月給制(固定給)のお仕事もあり、シフト日数に給与が左右されません。
また、お仕事によっては賞与があったり、資格手当が沢山ついてくるものもあったりします。

JSPのスタッフは、全員が警備経験者。社員や内勤スタッフ、幹部メンバー、社長もイザとなれば現場に出ます。
これはつまり、警備員出身者が多いということ。
「週払いだし、俺にも今すぐできるから」と始めた警備員のお仕事にハマって、学生時代のアルバイトからそのまま正社員になり、今や幹部として活躍している社員もいます。

人と暮らしの安全と安心を守る警備員が、底辺職じゃ哀しい。
JSPは、警備員を楽しみ、コツコツと働いてくれている方のキャリアアップを、メチャメチャ応援しています◎

  • アルバイト

    90%が未経験スタート。
    誰だって「初めて」から。

    JSPに入社される方は、90%以上が警備員未経験者。
    研修や先輩のフォロー・サポートを経て、できることからお仕事を覚えていって頂きます。
    安心して働けるから、離職率は10%以下。
    …つまり、居心地がイイんですw

  • 正社員

    コツコツ頑張っている人へ
    「社員になってみない?」

    「稼ぎたいんです!」と、ハードな現場でバリバリ働いたり、
    分からないことを分からないままにせず、先輩に沢山相談したり。
    挨拶だけは誰より元気に、と、毎日笑顔で声を出し続けたり…。
    そんな小さな頑張りを、先輩社員はキチンと見ています。
    社員登用の声掛けには殆どのメンバーが「え、俺?」と驚くのですが、それって皆謙虚なんでしょうね◎

  • 幹部

    思った以上に警備が面白くて、
    いつの間にか幹部候補に。

    「就活せずに警備バイトばっかしてたら、いつの間にか…。
    こんなに長くお世話になるなんて、思ってもみませんでした」
    そう苦笑するある幹部は、今では何と支社長!
    採用や教育、人員・売上計画に携わりつつ、
    人数が足りない時は、今でも現場で警備をしたりもします。
    “コツコツ頑張り派”は、今でも顕在です(o^―^o)

いつの間にか正社員、なぜか(笑)幹部候補に。
恩返しは、誰かの「困った」を無くしていくこと。

田保 創作
(32歳/入社11年目)

警備員になったきっかけ

大学で福祉関係の勉強をしていたので、就職も福祉系の施設で働くことが決まっていました。
警備アルバイトのきっかけは、とにかく健康な若い奴なら誰でも働けそうだったから(笑)。
いくつか警備会社に応募しましたが、JSPはなんか…メチャメチャ丁寧でしたね。
質問があって問い合わせの電話をしたんですが、回答以上に詳しく色んなことを教えてくれて。
「そんなんじゃ務まらないよ」って、軽く怒られましたからね笑。
イイことばっかり言わないのが、逆にリアルで、ココで働こうと思いました。

警備バイト時代

ちょっとお金が必要だったんで、福祉施設での仕事としばらくはWワークで警備をやっていたんです。
でも、想像以上に本業がハードで…。ずっと続けていけないな、と感じて、思い切って退職。
当座の生活費を稼ぐために、警備バイトをメインにしました。

はじめは交通誘導から。稼ぎたかったので、夜勤から始めました。その後は日勤に。
2回目がすごく大きい現場で、結局3年ぐらい継続して通ってましたね。
そしたら、隊長(依頼側の現場責任者)に「お前がんばってるな」と声を掛けてもらって。
その隊長さんから指名をいただいて、次の現場で1年間警備チームの隊長として働きました。
その後、JSPの先輩から「内勤をやってみないか」と誘っていただいて、せっかくだからやってみよう、と。
警備員と内勤の掛け持ちをしながら、複数の現場で経験を積みました。
それから、機動隊と呼ばれる巡回部隊に入って、
内勤業務→施設現場の視察→交通誘導現場の視察…と、会社と現場を巡回する日々。
しばらくして、「正社員にならないか」と言ってもらいました。

正社員の道へ

正直、警備業で正社員としてやっていくって全く思ってなかったので、嬉しかったけどちょっと悩みましたね。
でも、その頃には、会社もスタッフも好きになってたし、もちろん仕事も面白かった。
だから、これも縁だ!と思って、正社員になりました。

今は、警備現場から提出される報告書のチェックや、部署間の連携役、誰かのPCが不調だったらメンテなんかもやってます笑。
現場の巡回に行って警備員さんのフォローをするのも仕事なんで、内勤と外勤の割合は3:2くらいですね。

今度、異動が決まったんです。支社長の下で、経営について学んで来い、と。
これまであまり携わってこなかった、経理や経営、営業なんかも担当していくのかな、と思ってます。
数字はそんなに得意じゃないけど(苦笑)…自分の仕事の幅が広がるのは、面白いです。
任せてもらえるなら、自分にできる範囲は頑張ろう。そう思ってますね。

出世の秘訣(?)

清潔感は意外と大事。警備員って屋外業務も多いから、汗かいたりもするんだけど、髪型とかもだらしなくないように気をつけてはいましたね。
仕事のときは、とにかく報告。例えば現場を通った人が転倒したら、結果的にケガが無くても報告してました。後日何かあったら困りますからね。
あと、年上の方も多いんで、敬語はできるだけ使うようにしてました。その方が個人的に気持ちいいんです。
今の仕事でいえば、完璧にできてるわけじゃないけど、俯瞰で現場を見て段取りを組んだり人の配置を決めるようにはしています。

自分の強み…何でしょう(汗)、ただ言われたことをやってきただけなんで…。
あるとしたら、調整力かなぁ。
僕は面倒くさがりなんですが、例えば会議で意見を交わす時、お互いが気持ちよい落としどころに着地するために、準備はできるだけしっかりするようにしています。
あとは、今の機動隊っていう部署が色んな現場に顔を出したり色んな部署と連携したりするんで、コミュ力も少しだけついたんじゃないかと思います。

警備の魅力

人と口をきかなくていい仕事だから、って警備員を選ぶ人って多いし、実際も寡黙に働くことが多いんですが、
人との関わりって、必ずあるんですよね。
大きな現場だったら、複数の警備会社や施行に関わる会社が入っていることもあるし、多くの人が働いている。
円滑に作業が進むかどうかって、警備員の誘導にも関わってるんです。
だから、みんなで協力してスムーズに作業を進めてもらえると、達成感がありますね。

あとは、長期で同じ現場に通ってると、ゼロから建物や街ができあがっていくのが見られるんです。
入ったばかりの頃はランドセル背負ってた子が、いつのまにか中学生になってたりとか。
そうやって、その場所とか人とかと小さな関わりができていくのも、なんとなく嬉しいことだな、って思います。

幹部候補として

自分がどうなりたいとかは、実はあんまり無いんです。
内勤や幹部っていうのは、警備員が現場で汗を流してくれてるから存在してるんで、
後輩が「困った」ってことや、悩むことが無いようにしていってあげたい。
JSPは風通しがいい会社だけど、もっと働きやすくしていきたいですね。
自分が色んな人に声を掛けていただいて今があって、収入も分不相応な…ちょっと驚くくらい上がって(額は内緒ですw)。
だからこそ、頑張ってる人のステップアップのチャンスをもっと作っていきたいな、と思ってます。